海外医薬品は合法に個人輸入できる

スイスの製薬会社「ホフマン・ラ・ロシュ社」で開発された脂肪吸収阻害剤、それがゼニカルです。
ゼニカルとは商品名で、成分名はオーリスタット、またはオルリスタットと呼ばれています。
一部の国では肥満治療薬として認可されていますが、日本では未だ認可されていません。
しかし合法的に入手することは可能です。
入手するには病院で処方してもらうほか、個人で輸入するなどの方法があります。
病院で処方してもらう場合自由診療となりますので比較的高額になってしまいます。
個人輸入ですと安価で購入することができますが、個人輸入時の問題や危険、副作用の危険性などもあるので医師の指導の下服用したほうが安全です。
ゼニカルは脂肪を体内に蓄積させる脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制します。
リパーゼとは摂取した脂肪分を小さな分子に分解するはたらきを持っており、その結果体内に脂肪が吸収されやすくなります。
リパーゼのはたらきを抑え脂肪分の分解を防ぎ、高分子の脂肪排出を促した結果、食事で摂取した脂分の30%を体外に排出してくれるのです。
食前に服用すると摂取するカロリーを大幅に減らすことができ、肥満解消に役立ちます。
高カロリーな食事でも脂分を体外に排出してくれるので、食欲に関して我慢する必要が無いことが魅力のダイエットとして海外で支持されています。

—おすすめサイト—
痩せる薬でダイエットする通販情報
レーザー脱毛